バルトレックス,通販,効果,副作用,市販,購入

病院よりも断然安くバルトレックスを購入

突発性発疹の原因と症状

突発性発疹の原因と症状とは

 

突発性発疹とはウイルス性の感染症の一つです。突発性発疹の原因と言われているウイルスが『ヒトヘルペスウイルス』です。

 

ヘルペスウイルスは感染しやすいウイルスで、8種類に分類されています。突発性発疹が起こる原因のウイルスが『ヒトヘルペスウイルス6型と7型』です。

 

感染すると、体内に抗体ができるので、再感染することはありません。しかし、6型に感染して抗体ができても、その後、7型に感染することもあります。

 

原因になるウイルスが2種類あるため、2回発症してしまうこともあります。

 

 

突発性発疹になりやすい年齢
突発性発疹は生後5ヶ月~1歳くらいの乳児が感染しやすく、9割は1歳以下で発症すると言われています。

 

2歳までに感染するので、免疫を持っています。そのため、2歳を過ぎるとあまり発症することはないです。

 

生後6ヶ月頃になると、母体から受け継いだ免疫がなくなる時期と言われています。そのため、生後6ヶ月頃が突発性発疹になりやすいのです。

 

 

突発性発疹の症状とは
■突然39度以上の高熱を出ます
■風邪の症状の咳や鼻水などが突然起こります。
■39度以上の高熱が3~4日続き急に熱が下がります。
■熱が下がったと同時に顔・首・お腹・背中などに赤い発疹が全身にあらわれます。
痛みやかゆみはほとんどありません。
2~3日で徐々に症状が改善して1週間ほどで赤い発疹はなくなります。

 

 

突発性発疹の処置方法
水分補給が大切です。3~4日は高熱が続くので汗を多くかくため、水分補給をこまめに行ってください。

 

母乳やミルク以外にも麦茶などでこまめに水分を補給すること。一度に大量の水分を与えず、こまめに行うことで乳児の負担が軽減されます。

 

 

高熱の対策
頭・首筋・脇の下などを冷やすことが効果的です。汗をかいたらなるべく早めに着替えを行ってください。

 

 

突発性発疹との合併症に注意
突発性発疹は重症化することはほとんどありません。ですが、稀に髄膜炎や脳炎などの重篤な合併症が出てしまうことあります。
・高熱が続き熱性痙攣を起こす
・吐き気や嘔吐
・脱水症状を起こしている
・黄疸が見られる
このような症状があらわれた場合はすぐに病院に行ってください。

 

 

突発性発疹の感染経路
感染経路は詳しくはわかっていません。
・ヒトヘルペスウイルス6型と7型に感染している人との性行為などによる直接感染
・くしゃみや咳が飛散してかんせんする飛沫感染
・ウイルスに感染している人と接触して感染する接触感染があります。

 

ヒトヘルペスウイルスは感染力があまり強くありません。免疫力の弱い幼児などとキスや同じ食器で食事をしてしまうと家族間で感染が広がることもあります。

 

また、乳児の感染経路は、家族間での感染以外にも、保育園などで感染している子の唾液のついた手を触ってしまい、その手を自分の口に入れてしまうことで感染する可能性があります。

 

ヒトヘルペスウイルスに感染すると、1~2週間ほどの潜伏したあとに症状があらわれます。

 

発熱と発疹の症状が出ないこともありますが、下痢・まぶたのむくみ・耳の後ろのリンパ節が腫れるなどが起こることもあります。

 

また、急に高熱が出るので、熱性痙攣を起こしてしまうこともあります。

 

バルトレックスTOPへ