バルトレックス,通販,効果,副作用,市販,購入

病院よりも断然安くバルトレックスを購入

帯状疱疹は感染するのか

帯状疱疹は感染するのか
帯状疱疹が人に帯状疱疹として感染することはありません。

 

感染しない理由としては、帯状疱疹は水疱瘡になったことのある人の神経に潜伏していたウイルスが、再活動をしたことで帯状疱疹が発症するからです。
ですので、帯状疱疹を発症した人に接触しても帯状疱疹を発症することはありません。

 

ですが、帯状疱疹の原因のウイルスと水疱瘡のウイルスは同じ種類のウイルスです。

 

帯状疱疹を発症している人が、水疱瘡を発症していない人と接触してしまうと「水疱瘡」として感染させてしまうケースもあります。

 

日本人の多くが子供のころに水疱瘡を経験しています。そのため、水疱瘡の抗体を持っています。

 

成人しても水疱瘡を発症していないと重症化しやすいと言われています。

 

また、妊娠中に水疱瘡を発症すると、胎児に影響を与えてしまうこともあります。

 

バルトレックス,通販,効果,副作用,市販,購入

 

帯状疱疹もお風呂で感染するのか
お風呂から感染する可能性は少ないです。水疱瘡を発症していない人と同じお風呂に入らないようにしてください。

 

帯状疱疹を発症しているはお風呂には入らず、シャワーにすることで感染を予防できます。

 

帯状疱疹を発症したら小児や妊娠中の方とは接触は避けてください。

 

帯状疱疹は他人に感染させることはほとんどありませんが、発症している人と同じタオルなどを使用すると接触感染することがあります。

 

免疫力がない乳幼児との接触は感染させてしまう可能性もあります。

 

また、妊娠中の方との接触には注意してください。日本人の成人女性の9割以上は水疱瘡の抗体を持っていると言われています。

 

しかし、抗体を持っていない女性も1割以下ですがいるのです。

 

妊娠中に水疱瘡になってしまうと、肺炎も発症してしまうなど重症化しやすいです。

 

他にも、胎児に感染していまう可能性もあり、『先天性水痘症候群』を引き起こしてしまうこともあります。

 

 

帯状疱疹は再発するのか
帯状疱疹を感染すると免疫がつきます。そのため、再発することはあまりありません。ですが、免疫力が低下していると再発することもあります。

 

再発する確率は約150人に1人と言われていますが、最近では再発する確率が増加しています。

 

特に気をつける必要があるのは高齢者です。再発したときは、同じ場所に発症することが多いです。

 

帯状疱疹は免疫力が低下しているときに発症しやすいので、日常生活から免疫力を高めるようにすることが再発防止につながります。

 

免疫力を高めるには睡眠時間をしっかり取ることです。健康を維持するには睡眠が重要です。

 

生活リズムを整え早寝早起きが免疫力を高めるには効果的です。

 

次に食事のバランスです。

 

免疫力を高める効果のある食材は整腸効果のあるヨーグルトや納豆などです。抗酸化力効果のある人参・トマト・ほうれん草など緑黄色野菜です。

 

免疫細胞を生成するタンパク質を多く含むものには、肉・魚・卵・大豆などです。体を冷やさないようにする

 

夏でもお風呂はゆっくり浸かり、冷たい飲み物をあまり飲まないようにすることです。冬は、首筋・手首・足首を冷やさないようにすると効果的です。

 

バルトレックスTOPへ