バルトレックス,通販,効果,副作用,市販,購入

病院よりも断然安くバルトレックスを購入

ヘルペス脳炎の症状と治療

ヘルペス脳炎とは
ヘルペスはほとんどの人が知っていると思われる病気です。ヘルペス脳炎という病気をご存知ですか。

 

ヘルペス脳炎とは死亡率が20~30%もあるといわれている危険な病気です。

 

ヘルペスは体に水ぶくれがあらわれる病気です。あらわれる場所は、ウイルスの感染場所によって異なります。

 

上半身にあらわれるヘルペスの原因が単純ヘルペスウイルス1型です。単純ヘルペスウイルス1型が原因で起こる急性脳炎がヘルペス脳炎なのです。

 

ヘルペスウイルスに感染して水ぶくれの症状があらわれても、自然治癒で完治させることもできるウイルスですが、ヘルペス脳炎を引き起こす原因は未だに解明されていないのです。

 

 

ヘルペス脳炎の症状とは
急性期と呼ばれる初期段階は、発熱→頭痛→嘔吐→痙攣→意識障害が起こります。初期段階の症状は突然あらわれます。

 

症状が進行していくと、幻覚症状・異常行動・重度の場合は昏睡状態になることもあります。ヘルペス脳炎は死亡率が20~30%もあるといわれている危険な病気なのです。

 

バルトレックス,通販,効果,副作用,市販,購入

 

 

ヘルペス脳炎の治療法
ヘルペス脳炎の一般的な初期治療で行われているのが、意識障害の強い症状があらわれているケースでは絶食します。

 

輸液と抗ウイルス薬の点滴を2~3週間程度行います。

 

ヘルペス脳炎は進行が早いのが特徴です。発症する前の症状とは軽い頭痛が起こる程度なので、放置してしまうことが多いです。

 

ヘルペス脳炎が進行していくと記憶や言葉に関わる脳に障害を与える事が多いです。そのため、軽い頭痛の症状があらわれたりします。

 

進行していくと家族の名前がわからなくなったり、言葉に詰まったりするなどの症状があらわれはじめます。

 

疲労やストレスなどが原因で何度も再発するのがヘルペスです。場合によっては、こんなに重篤な症状になってしまうこともあります。

 

バルトレックスTOPへ