バルトレックス,通販,効果,副作用,市販,購入

病院よりも断然安くバルトレックスを購入

性器ヘルペス

男女で違うヘルペスの症状
性器ヘルペスの原因は単純ヘルペスウイルス2型です。再発の原因、男女で異なる症状の違いなど、性器ヘルペスの詳細を紹介します。

 

性器ヘルペスは、性感染症の一つです。性器ヘルペスとはどんな病気でどのような症状が出るのか、何が原因で発症するのか。また、性器ヘルペスはなぜ再発しやすいのか。

 

性器ヘルペスは、クラミジアや淋病と同じ性感染症の一つです。性行為やオーラルセックスによって、ウイルスが感染します。

 

バルトレックス,通販,効果,副作用,市販,購入

 

性器やお尻の周辺に水ぶくれができる病気です。単純ヘルペスウイルスには1型と2型があり、性器周辺に症状があらわれるものが2型です。

 

ヘルペスウイルスの特徴は、初めて感染して免疫ができていても、体力の低下やストレスなどが原因で再発を繰り返すということです。

 

ヘルペスウイルスが体内に入ってしまうと潜伏してしまいます。このことを潜伏感染と言います。

 

免疫力や体力の低下をしているときに、再度ウイルスが活動してしまい、皮膚や粘膜に再発してしまいます。

 

日本人の性器ヘルペスを発症している数は、推定で年間72,000人とも言われています。そのなかでも、男性も女性も20代の若い年代が多く感染しています。

 

男女の感染数を比較すると女性の方が多く、女性がかかりやすい病気なのです。

 

また、性器ヘルペス(単純ヘルペスウイルス2型)に感染していても、半数以上の人は症状が出ていても、気づいていないことが多いと言われています。

 

しかし、自覚症状が出ないケースも多いため、性器ヘルペスの感染に気づかないまま、性行為してしまっているので、若い世代の感染が拡大しています。

 

バルトレックス,通販,効果,副作用,市販,購入

 

女性の方が重症化しやすい
性器ヘルペスに初めて感染した場合、性行為やオーラルセックスで単純ヘルペスウイルス2型に感染しても、4~10日の潜伏期間後に発症します。

 

発症すると感染した場所に水ぶくれができます。日数が経つと水ぶくれが潰れます。症状は男女で異なります。

 

男性の場合
亀頭や陰茎に発症することが多く、お尻や肛門周辺にできることもあります。一般的な症状は、患部にかゆさやヒリヒリ感などがあらわれます。

 

2~10日ぐらいでかゆみと水ぶくれができます。水ぶくれが破れると痛みが起こり、発熱を発症するケースもあります。

 

女性の場合
腟の入口や外陰、お尻に多くできやすく、膀胱や子宮頸管にまで感染してしまうこともあります。男性同様、患部に水ぶくれができます。

 

痛みを伴い排尿がしづらくなったり、発熱を発症するケースもあります。男性も女性も再発する場合は、小さい水ぶくれができる軽い症状です。

 

バルトレックスTOPへ